日本生涯現役推進協議会はシニア・団塊世代の生涯現役活動をサポートします

生涯現役協の組織概要

生涯現役の組織概要

平均寿命でも世界トップという恵まれた人材資源をいかすため、超高齢時代に突入したわが国は、「高齢社会対策基本法」の趣旨を活かした、純民間活動による「生涯現役社会づくり支援ネットワーク」を幅広く個人・他団体に呼び掛けるため、「生涯現役プロデューサー」登録制度の構想を推進しています。 この活動を推進する、日本生涯現役推進協議会(略称:生涯現役協)代表代行、東瀧邦次からのメッセージをご紹介します。

代表挨拶

21世紀のわが国は、優れた経済力や医療制度の整備のもと長寿国となり、今や超高齢社会の時代をも迎えています。最優先すべきビジョンは、豊富な優れた人材を国家や将来のために、どういかしていくか。つまり、「生涯現役社会づくり」構想が緊急な課題だと確信しています。 しかしながら生涯現役社会は、少数の人たちの個人的情熱だけでは到底実現できるものではありません。生涯現役の志を同じくする個人・団体は、これまで自助、共助の努力を重ねていますが、今後は、企業や行政機関との公助も含む連帯活動が必要だと考えます。多くのシニア・団塊世代の経験や知恵をいかした「生涯現役社会づくり支援ネットワーク」の活動システムを構築してこそ、初めて実現できるものだと存じます。 生涯現役協は、「生涯現役社会づくり」を21世紀の日本の国策として、”国民一人ひとりが、年齢に関係なく生きがいを感じられる人生を送り、世界に役立つような日本を元気にする夢実現”を考えています。 生涯現役活動の普及に向け、情報提供と調査研究、社会的提言を行い、フォーラム・セミナーなども参加団体が協働で実施しています。 生涯現役実践活動のための広報・啓発にどうかご協力ください。皆様のご参画を切にお願い申し上げます。                      日本生涯現役推進協議会代表代行 東瀧 邦次


>>前のページに戻る

>>ホームページトップへ